2020年9月2日朝刊 Pacific Daily Newsより抜粋、要約

 

グアム知事の医師諮問グループのメンバーであるグエン医師は検査試薬の不足のため、現在はグアムの診療所は症状のある患者に限定的に検査していると述べた。木曜日以降試薬の供給が減り、火曜日の夜に追加の試薬とテストキットの到着を期待してるという。検査が必要な約300のサンプルは凍結保存され試薬が到着したら処理される。

 

検査と保険
症状がない場合はほとんどの保険は適用されない。症状がなく無料で検査を受けたい人はグアム保健省が実施する大規模検査を待つべきだと提案している。ただし8月15日に行われた最後のマステストでは1,400を超えるサンプルが収集され、結果が出までに時間がかかった。その後、グアム保健省は感染者との濃厚接触者に限定するアプローチにシフトしており、次回、いつ大規模なテストを開催するかは未定である。

 

グアム島の一部の診療所ではテスト結果が15〜20分以内にわかるアボットIDナウマシンを導入している。グアムメディカルケア、ワンラブ小児科、およびマンギラオのアメリカンメディカルセンターは、アボットIDナウマシンを導入しているという。

 

検査結果
グアム保健省の保健師は何百もの人に検査結果を伝えるため連絡を取り続けているが連絡が取れていない人もいる。ノースレリジョンコミュニティヘルスセンターからの検査結果を待っている人は(671)635-7525 / 6に電話するかcovidresults @ dphss.guam.govにメールするよう呼びかけている。プライベートクリニックで検査した場合、結果はクリニックから通知される。7日以上検査結果を受け取っていない場合は医療提供者に連絡する必要がある。

 

COVID-19の検査結果を待っている人々隔離されるべきで、公共の場での活動を食料品の入手や診察などの重要な活動のみに制限し、訪問者を入れたり、他の世帯や公共の場所を訪れたしないよう呼びかけている。

 

陽性の場合
無症候、軽度から中程度の症状がある場合:

患者を同居人から隔離します。専用のバスルームのある部屋に留まり、家族との接触を避けることが重要。公衆衛生部門から連絡があり隔離のオプションについて説明がある。
重症の場合:
医師または保健師に症状を通知するか、911に電話してください。

 

陰性の場合
濃厚接触者の場合:
陽性患者の濃厚接触者と特定された場合、14日間の隔離を呼びかけている。
症状がある場合:
陽性患者との密接な接触が確認されず症状がある場合は医師または医療提供者に相談。
症状がない場合:
陽性患者との密接な接触が確認されず、症状がない場合は通常の活動に戻ることができる。

 

昨日の新規陽性者は52人、その前が48人、減少傾向に転じてきたのかな?って思っていたのですが、検査試薬不足で検査が一部止まっていたのですね。グアム住民は再びのロックダウンで行動が大幅に制限されています。パンデミック指標1(PCOR1)の決断が陽性者の増加が理由ということなら、同じ条件下での検査が行われ陽性者の減少がみられないと制限緩和へ結びつかないのでは、と思ってしまいます。パンデミック指標1(PCOR1)発令の正当性を示す意味においても、滞りなく検査し、サンプルを冷凍保存なんてすることなく検査結果が速やかに報告されることが大切でしょうね。検査数が減って、新規陽性者が減少しているのか判断できないからロックダウン延長なんて言わないでね!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へこちらもポチッとお願いいたします。
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村ランキンングにも一応参加し始めした。