2020年6月2日朝刊 The Guam Daily Post より抜粋、要約

グアム準州知事は6月1日午後2時過ぎにアメリカ連邦資金によるグアムの失業支援金プログラムの申請がスタートしたと発表した。

新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けた約23,000人の労働者がアメリカ連邦の失業手当を申請すると予想される。6月1日の時点でhireguam.comに1,215社の雇用主が失業や休職、時間カットとなった労働者は22,795人の登録を済ませている。これは推定される38,000人の労働者の60%にあたる。


参考資料:2つの失業支援プログラム
PUA/Pandemic Unemployment Assistance
パンデミック失業援助:
12月31日までの最長39週、$345/週の失業援助。

FPUC/Federal Pandemic Unemployment Compensation
アメリカ連邦パンデミック失業補償:
2020年4月から7月までの期間支給される週$600の失業補償。

 

グアムでは支援対象となる労働者は、7月までアメリカ連邦失業手当として週に最大945ドル、その後は年末まで週に最大345ドルを受け取ることができる。

4月以降、グアム労働省は新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けた労働者がいる雇用主に対し、hireguam.comへの登録を要請してきた。雇用に影響を受けた従業員は写真付きID、最近の給与明細、雇用主からの手紙などの書類が登録には必要となる。

グアム労働省はすでに2億7600万ドルの一時金をアメリカ連邦政府から受けっているため、申請が開始すれば書類をレビューした後に支給を開始することができるとしている。



昨日はグアムを代表する人気ホテルのアウトリガーグアムリゾート&スパがオペレーションを終了するというニュースが流れました。今後新しいホテルとして運営されるようです。


ハワイを拠点にするアウトリガーがグアムに参入してきて20年ほどになるでしょうか?当時、ホテルには4~5店舗のレストランを構えるのが常識だった時代、アウトリガーはブッフェレストランとロビーカフェのみで開業。徒歩圏内にたくさんレストランがあるから、お好きなところへどうぞ、という新しいスタイルが斬新でした。モノトーンを基調とした洗練されたアイランドモダンなインテリアが魅力的だったことを懐かしく思います。


グアムの観光業の歴史も半世紀になり多くのホテルが名前を変え生まれ変わっています。オークラホテルは現在ロッテホテルに、第一ホテルはフィエスタリゾートとなりインターコンチネンタルに変わろうとしています。変化が新しいグアムの楽しみをもたらしてくれます。今回もまたドキドキするような素敵な場所に変貌するだろうと思うと楽しみでなりません。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へこちらもポチッとお願いいたします。
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村ランキンングにも一応参加し始めした。