2020年6月20日朝刊 The Guam Daily Post より抜粋、要約

失業支援プログラムの支給テストは本日トラブルなく終了。グアム労働省は失業支援給付の最初のグループの申請者に来週初めに支給されると発表した。電子送金と小切手の送付は、不備のない申請者に対して優先的に行われる。

 

 

3月20日のロックダウンからちょうど3ヶ月となる今日、ようやく失業支援プログラムの支給が開始されるというニュース。今か今かと待っていた人も多くいると思いでしょう。しかし、まだ予断を許しませんよ。ちなみに救済小切手(大人1人あたり1,200ドル)の支給が始まってひと月以上たった今も届いていない人がいます。このペースを考えると、失業支援プログラムの支給開始にも長〜い時間を要するでしょう。

 

 

今回の疫病では、陽気で朗らかなグアムの人々の意外な側面を見た気がします。25年もグアムに暮らしてきた中で気づかなかった用心深い行動傾向です。ショッピングセンターやレストランの多くが営業を再開していますが、どこも混雑することもなく、今も不要不急の外出を控えています。マスクをしていることやソーシャルディスタンスを取っていることもあり、気軽に声をかけられることもめっきり減りました。グアムの人の人懐っこさや気さくな人柄がグアムのホスピタリティーのシンボルだったのですが、すっかりマスクの下に隠れてしまったようで少し残念な気がしています。