2020年9月8日朝刊 Pacific Daily Newsより抜粋、要約

 

ハファ・ダイ!グアム知事が発令した健康安全義務に沿って、新規陽性者を下げることは、グアム政府観光局(GVB)の最優先事項です。私たちの地域全体でウイルスが減少するまで、島民全体が努力しなければなりません。特に無症状の人は感染していることを知らないため、感染拡大の要因になる恐れがあることを知らなければなりません。個々の行動の制限に努めることが早ければ早いほど、問題を早期に乗り越えることができます。それは単に観光産業を再開するという経済効果以上の恩恵があります。それは私たち全員を守ることでもあります。

 

今、私たちのコミュニティは二極化しています。グアム島の完全な封鎖を望む人々がいる一方で、ビジネスと経済を再開したい人々がいます。私たちは島民の総意にたどり着けると信じていますが、考えの違いを理解しパンデミックに打ち勝つために進まなければなりません。誰もがパンデミック前のようにグアムを満喫できることを望んでいます。しかし、現在の高い陽性率と新型コロナ関連死が続く限り叶いません。私たちが再び以前の環境に戻る方法は、争いを止めて同じ方向に向けて行動することです。

グアム知事は連邦緊急事態管理局(FEMA)と連携し多数の医療専門家のグアムへの派遣を調整しています。また、グアムが「経済災害」の資格を得てより多くの資金を獲得できるように動いています。

 

GVBは専門家や業界関係者と連携し続け、ニューノーマルへの道筋を模索しています。最新のTravel Talksウェビナーではグアム知事や医療専門家が健康安全の手順となる方法についても話しました。次のウェビナーでは、コロナ禍で安全が保たれることに役立つテクノロジーに焦点を当てる計画について紹介します。親愛なるグアムの人々へ。マスクを着用し、社会的距離をとる、手を洗うことを実践してください。グアム観光局の社長兼CEOへのコメントまたは質問は、communityrelations@visitguam.orgまで。

 

今日は私たち観光業に携わる者と関係の深いグアム政府観光局の局長のメッセージが”オピニオン”というコラムページで紹介されていたので、取り上げてみました。観光業に特化した内容なのかと期待しましたが、政府の記者会見と同じような内容でしたね。エアラインとの調整はどうなっているのか、主要マーケット国との検疫緩和へのコンセンサスの手順はどうなっているのか、旅行会社各社との連携はどうなっているのか、旅行者が利用するグアム島内の施設の安全基準をどのように保つのか、観光業に携わる人たちに希望が持てるメッセージもお願いします。具体的で説得力があれば、着実に前進している、そんな実感が沸き、復活へ向けて歩む力になると思います。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へこちらもポチッとお願いいたします。
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村ランキンングにも一応参加し始めした。