2020年11月3日朝刊 Pacific Daily News より抜粋、要約

 

ペイレスマーケット(Pay-Less Markets)が、オンラインショッピングプラットフォームを立ち上げた。オンラインで生鮮食品、肉、冷凍食品、食料品、乳製品、ベーカリー、酒など、さまざまな商品を購入でき、カーブサイドピックアップが可能。オンライン注文が完了すると、各顧客にパーソナルショッパーが割り当てられ、毎日午前8時から午後8時までMaiteとOkaPay-Lessで注文を受け取ることができる。オープニングプロモーションとして、10月26日から11月1日まで5.95ドルのサービス料金を免除、再利用可能なバッグがもらえる。利用はWEBサイトpaylessmarkets.com、またはGooglePlayもしくはAppleStoreからアプリをダウンロード。


人とのふれあいは
暮らしの潤滑油

コロナ禍の長期化やデジタルシフトが想定される中で次々に開設されるオンラインショッピング。日用品や食料品の買い出しでさえオンラインが主流になるのでしょうか?働くママにとって週末の買い出しは気晴らしにもなる貴重な時間、スーパーで友人に会い立ち話をすることも度々でした。レジ待ちで見知らぬ人とおしゃべりが始まることもありました。レジの女性から「必要なものはすべて見つかりましたか」と声をかけられるのがお決まりでしたが、もうそんな挨拶もありません。そんな暮らしの潤滑油のような些細な時間がまたひとつなくなってしまうのでしょうか?

 

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へこちらもポチッとお願いいたします。
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村ランキンングにも一応参加し始めした。

この記事をSNSでシェア!