無事にグアムに戻ってきました~!(もうすでに3日前のことです)

成田までの道のりは大雨、機内はミニタリーがいっぱい!体が大きいのでなんだか密な感じでしたそしてグアムに到着したらまた雨…。
ホテルまでのバスを長〜い時間待たされて、ホテルに到着した時はもう日付が変わっていました…。

 

ユナイテッドじゃないけれど。。。 ターミナル移動中に撮った写真。この日はほんとお天気最悪でした。

現在グアムへの移動手段はユナイテッド航空の週4便のみ。もちろんみなさんご存知のように搭乗するためにはCOVID-19の「陰性証明」が必要です。
どこの病院で検査すればいいのか?どんな検査なのか、私なりに体験したことを今回も記憶の限り書き留めておきますね。

今回の2月19日の日本入国時の記録ブログはこちらからご覧ください。

1、検査の予約でつまずく

3週間の日本滞在、そのうち2週間は自主隔離期間で必要最低限の行動しかできず…。なのに滞在1週間くらいで帰りの陰性証明取るための病院の予約だけでも、とパソコン開いて検索…。
検査の種類や帰国する国によって渡航前の検査の時間が違ったりするのね、ふんふん。
ヨーロッパの一部では、渡航4時間前の検査を義務付けているところもありましたよグアムは72時間以内ですからまだ余裕があります。
有効ではない検査証明書でアメリカ本土に渡航予定の方がチケット買い直したり、成田で検査し直したりと、いろんなハプニングを聞いてましからね。検査方法の詳細についてもよく調べます。
慎重にまずは、外務省のサイトをチェック!
+TeCOTのバナーが結構な大きさで外務省の海外安全ホームページに出てきます。こちらを利用すれば、どの医療機関で予約すれば渡航先に有効な検査を受けられるか、そしてその医療機関の予約もしてくれるというサイトですが・・・。

なんと!!!グアムは「陰性証明の必要のない国」下の写真)になっいて、その先の予約までたどり着けない。。。グアムってアメリカと別扱い??

 

 

もう一度友人から教えてもらったユナイテッドのアプリ内のインフォメーションで確認。やっぱりね、必要じゃない!(下の写真)

 

 

クチコミを見ながら安い医療機関を検索し、滞在住所から結構近い新橋のインターナショナルヘルスケアクリニックを発見。
早速予約のメールを入れたところ、素早い返信でとてもスムーズ。ユナイテッドからのインフォメーションに抗原検査でも良いと書かれてあるので、料金を確認すると覚悟していた30,000円よりはるかに安く14,000円と良心的なお値段でした。
1週間後にサイパンに戻る友人とも共情報共有していたので確認したところ同じクリニックを予約したとのこと、その友人も外務省のページから私と同じように+TeCOTからの予約を断念し自分で調べたようです。

 

とりあえず予約は無事終了〜

 

3月19日からは全ての入国者(日本人も含む)に陰性証明書が必要になりましたね。私が入国した時点では陰性証明持たずに入国した方もいましたがそれができなくなるのですね。なんだか事態は後退してる?

 

2、抗原検査も検査方法は2種類

グアムへ帰国する前日の検査。検査結果は当日受け取れるとのことでしたので、渡航日を告げて確認したところ前日でOK 、予約は前日の午前中に。
インターナショナルヘルスケアクリニックには予約時間の10:45より5分くらい早めに到着、受付の方とも少し雑談しながら問診票記入。
予約の際に「鼻からの綿棒での検査」と案内があったので、成田で受けた唾液検査と何が違うのか尋ねたところ、一部の国で唾液による抗原検査結果を受けつけていない国があるのですね。その為綿棒に統一していますとの回答でした。
のちに友人から聞いてサイパンは唾液の抗原検査が有効でないとのことでした。

綿棒だと検査する人が本人ではなく医療機関の人が行うのでさらに検査の信頼性が上がるということ?

今は世界中でいろんなルールがあり、国を移動するときに必要な準備が煩雑化していますね。

 

さて、検査はすぐに終わりました。結果は30分から1時間と聞いて、院内で待つことにしました。結果は15分くらいで出るようで、その後英文証明書にドクターのサイン待ち。それもすぐに対応していただきクリニックを出たのは、11:10くらいでしたから本当に早くて簡単でした。

新橋周辺は、お手頃なお値段でランチ食べるところも多いので、お昼時を目指していくのもいいかも?ってもうこんな検査したくないですけれどね。

 

3、チエックインの時だけ、ちらってみてOK?

成田空港に到着してすぐに、ユナイテッドのチェックインカウンターへ。「陰性証明書」はチェックイン時に提示が求められました。(写真下)

 

なんだか簡単な確認でしたが、、、きっとグアムではしっかり見られるのかな?
ちなみにグアムから日本へ行く際は、チェックイン時には聞かれることもなく日本に入国する時にようやく提示を求められました。(この時点のシステムでは、陰性証明がなくても入国が可能で、空港での検査結果が陰性の場合は3日間のホテル隔離となっていました。先程も触れましたが3/19からは、陰性証明が必ず必要ですので気をつけてください。)
今更ですが、日本入国した時に入れた接触確認アプリ、最後に見てみると(写真下)あーよかった💦。陽性者との接触はありませんでした。

 

 

以前のブログで空港の様子を詳しく記録してありますが、確か昨年の7月
こちらからご覧ください。
8ヶ月前とあまり空港の様子は変わっていないのが驚きです。今回写真なくてごめんなさい。昨年の7月の空港内とほぼ変わりません。

ちなみにターミナルでの営業している店はこちらのみ、前回と比べると少し多い?

 

去年の7月と比べると「スープストック」がないですね。

雑貨屋さんが7月から一件増えてますね。

 

中に入ってしまうと免税店は、お酒タバコ関係が一件化粧品関係が一件、そしてお土産全般の「AKIHABARA」だけが営業中、奥にあるマツモトキヨシセブンイレブンは空いています。レストランはパスタ屋さんが営業中。マクドナルドもゲート内は閉店中でした。

 

そしてゲートに行ってビックリ、ミニタリーでいっぱい!なんだかすごくにぎやかです。搭乗もミニタリーは優先ですからね、一体何人いるんだろうと思っていましたが、ミニタリー以外はファミリーも含め13か14人ぐらい。

でも機内は見た目には満席に近い状況でした。

そういえばチェックインの時、席を確認された際に、「いつもはガラガラなんですけど今日は両サイド空いてるお席はないんですよね。」と
確かにこんなにいたら、ないですよね。(写真下)。

私いつもかなり後ろの席にするのですが一番後ろの席まで埋まってました。

 

4、グアムに無事到着

グアムに到着したらグアムも雨。あら〜なんだかホテル隔離中の天気が心配になってきました。ずいぶん待たされて、(やはりここでもミニタリー優先と思われます。)やっとホテルまでのバスへと案内されました。お一人様9人、ファミリー5人、、に分けて2台にバスでホテルまで移動です。
バスの移動にはなんとパトカーが誘導、赤信号でもスーイスイでした。こんなことする必要あるのだろうか?

 

ところで、陰性証明ですが、案の定グアムの空港では提示を求められず・・・。
なんだか、医療機関が儲かるだけのルールのように思えてきたわ。
結局グアムでは、出国時も入国時も陰性証明は空港では提示を求められませんでした・・・。

 

3月19日以降にグアムから日本へ行く人がいたら聞いて見なきゃ!
しばらくは、日本へ渡航には陰性証明が必要です。
是非、先月のブログも参考にしてくださいね。

翌日は雨も上がって晴れてくれました!


1日も早く、渡航制限が緩和されますように!


にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へこちらもポチッとお願いいたします。
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村ランキンングにも一応参加し始めした。

この記事をSNSでシェア!