グアムで暮らし始めて、バナナが木になっている姿を初めて見ました。正確にはバナナは木でなく、茎になっているのです。幹は肉厚の葉のようなものが何層にも巻きつき茎を形成し、木のように高く伸びてその茎の高〜いところにバナナの花が咲き、たわわに実をつけます。

50本以上のバナナがひと房にぶら下がって、その重さは10kgはありそうなほどで一人で持つのは難しいです。我が家の庭にも数本のバナナの木(茎)があり、それぞれ半年に一度程度のペースで実をつけます。

バナナの房の真ん中からぶら下がっているのがバナナの花で、フィリピンやベトナム、タイ、沖縄などでは、炒め物などにして食することもあるようですが我が家ではスルー。お目当てはバナナだけ、日々収穫時期を見定めます。これぐらい大きくなると青いうちに収穫して、日陰にぶら下げて黄色くなるまで1週間ほど待ちます。

これだけの量のバナナが数日間に次々と食べごろを迎えます。友人や会社の同僚にお願いして引き取ってもらうのですが、それでも自宅にバナナが大量に残ります。「もう今日中にどうにかしてよ……」と言わんばかりに黄色に猛スピードで変色していきます。

そんな時は夜な夜な覚悟を決めてバナナの保存作業に入ります。すべて皮を剥いていき、半分は春巻きの皮で巻き、半分はそのままラップし冷凍庫へ。春巻きの皮に巻いたものはバナナルンピア(バナナ春巻き)というグアムで人気のローカルスィーツになります。食べたい時に油で揚げてシナモンやシロップ、粉砂糖をかけていただきます。皮なしバナナはスムージーやスィーツの材料に使います。

ご自宅でも色が黒くなり始めたバナナが残ってしまっていることがありますよね。そんな時はすぐラップをして冷凍すれば変色することなく長い間保存できますよ。

バナナルンピアはグアムの家庭では人気のスィーツ。レストランのデザートメニューに登場することもあります。バナナはビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれていて、美肌効果・貧血予防・熱中症予防・便秘予防などに効果が期待できるそうですね。

在宅ワークが増えた昨今、体重増加とお財布の中身が気にかかるところです。日本のスーパーでは安いバナナと高いバナナの両方が売られています。甘さや栽培方法の違いで値段が違うようですが、バナナは熱を加えると甘さがぐっと増しますので安いバナナは春巻きにしてはどうですか?アイスクリームやウィップクリームと相性がいいですよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ←こちらもポチッとお願いいたします。
にほんブログ村