2020年7月17日朝刊 PNCより抜粋、要約

グアム州知事は金曜の午後に会見を開き、7月20日(月)の午前0時からパンデミック指標PCOR(Pancamic Condition of Readiness)3へ移行すると宣言した。PCOR 3では高齢者センター、スポーツイベント、トーナメント、各種イベントを除いて、すべての営業活動が許可される。ただし、企業は事前に再開計画を公衆衛生局に提出する必要があるという。集会の人数制限は屋外の集まりに限り25から50人に変更される。教育機関は再開計画を提出の上で開校が許可される。

 

この宣言に従って、グアムに入国するすべての旅行者の検疫、テスト、監視の要件にも変更を加え、7月24日金曜日の午前0時以降に新しい検疫手順となる。

 

PCOR 3への移行は、新型コロナウィルス感染状況を追跡してきた医療データを反映しており、緊急事態であることに変わりはない。今後も進捗状況を監視しながら、公衆衛生上の緊急事態を8月29日まで延長する。重要なのはパンデミック指標の数字ではなく、生命と暮らしの両方を守りながら経済を再開することです。

 

引き続き6フィートの社会的距離を維持し、友人や家族との間でもフェイスマスクを着用や手洗いなどを実践することが大切。繰り返しになるが、日々の行動が大きな違いをもたらすとしている。さらに、7月24日金曜日の午前0時以降は隔離手順が更新。

 

私たちが一番気になる日本からの入国ですが、7月24日金曜日の午前0時以降は隔離手順によると、リスクの低いエリア(日本、韓国、台湾)からの入島者は以下のようなルールになるようです。

 

グアム5泊以内の場合:
隔離やテストは不要。最大14日間の滞在期間の症状の監視と行動追跡のルールに従う必要あり。

グアム6泊以上の場合:
入島前5日間に受けたPCRテスト、またはグアム到着後5日目にPCRテストで陰性の場合、隔離やテストは不要。最大14日間の滞在期間の症状の監視と行動追跡のルールに従う必要あり。

 

つまり、短期滞在の日本からの観光客は検疫なしで入島できるということのようです。突然の発表に驚きました、取り急ぎ速報でお知らせします。検疫については追って詳細が発表されると思われますので、わかり次第おしらせしますね。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へこちらもポチッとお願いいたします。
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村ランキンングにも参加してます。グアムの朝刊を読者になって、ご覧くださいね